さち先生のおしゃべりリビング

さち先生のおしゃべりリビング

うらかわ歯科医院スタッフブログ

うらかわ歯科医院スタッフブログ

患者様の声

患者様の声
患者様の生の声をご紹介>>

みなさんの写真館

みんなの写真館

アクセス

アクセス

リンク集

地域関連病院 おすすめホームページ

うらかわ歯科医院のご案内
HP用写真 小.jpg

うらかわ歯科医院

〒814-0002
福岡県福岡市早良区西新6-10-58

【電話】092-851-6314

【駐車場】 有(6台) 

【指定医療機関】

保険医療機関


うらかわ歯科:おさむオフィス

HOME > 小児歯科 ~「子供」は小さな「大人」ではありません!!~

小児歯科 ~「子供」は小さな「大人」ではありません!!~

小児歯科の基本方針チェックしよう!子供の舌の異常子供の前歯が離れて生えてきた転んで歯を打った
子供の虫歯について子供の歯並びについて


うらかわ歯科医院の小児歯科の特徴

小児歯科サマリー3.jpg 福岡小児矯正歯科

小児歯科の基本方針

B02-a030.jpg

子供は、小さな大人ではありません。
年齢に応じた重要な変化があります。
1歳半で、検診をおすすめします。
小児歯科では、子供さんが良い大人の口もとに成長できるために、ケアと予防をしていきます。

虫歯予防だけでなく、歯並びの育成、そのために必要な口の周りの
筋肉の育成。その他口の中の特殊な病気を見つけるのも
大切な仕事です。何でもご相談下さい。


チェックしよう!子供の舌の異常

チェックしよう!子供の舌の異常 チェックしよう!子供の舌の異常

舌の下にあるすじが短い子供さんがいます。舌は筋肉のかたまりです。短いすじに引っ張られて、舌の正しい動かし方を難しくします。
その結果、間違った使い方になってしまい、発音の異常、歯並びの異常をおこしてしまうことがあります。簡単な形成術で治ります。

子供さんのべろをチェックしてみましょう。
あっかんべーがうまくできますか?まっすぐにとんがってべろが出てきますか?上唇を上手になめられますか?べろは、歯並びの育成係です。


子供の前歯が離れて生えてきた

子供さんは、年齢とともにどんどん発育します。年齢ごとにチェックする項目が違います。
前歯が生え変わる頃、レントゲンで見てみると、前歯の間に過剰歯といって、見えないもう一つの余分な歯が埋もれていることがあります。これは歯並びを乱す原因にもなります。
タイミング良く、埋もれた歯をとってやると、歯並びは何もしなくても、良くなることがあります。
過剰歯をとり出したあと、下図のように前歯が並びました。

子供の前歯が離れて生えてきた子供の前歯が離れて生えてきた子供の前歯が離れて生えてきた

転んで歯を打った

転んで歯を打った転んで歯を打った転んで歯を打った

あわてないで、お母さん。牛乳などにつけて歯を持ってきてください。写真のような処置をすることで歯を残せることがあります。 また、抜けないまでも、打った時は、歯がぐらぐらしている時が多く、このように固定することで、痛みをやわらげ、歯がだめになるのを防ぐことができます。


子供の虫歯

子供の歯の虫歯の説明

子供の歯は、生後6ヶ月くらいから生えてきて、2歳半ばくらいで写真のように20本生えそろいます。奥歯の歯と歯の間がよく虫歯になります。仕上げ磨きの時に、歯ブラシ以外にデンタルフロスなどで、時々お掃除してあげると予防ができます。
歯が小さいので、穴があいてしまうと、ほとんど神経の処置が必要になります。できるだけ予防を心がけましょう。

dc071607.jpg


子供の歯並び治療

矯正治療はいつ始めるのがいいですか?とよく質問されます。
答えは、多くの場合、小学校の低学年くらいで始めると良いことが多いようです。
まだ成長しきっていない顎ーあごは、少し手を加えてあげて、良い成長を遂げるように導いてあげると最小の介入で
うまくいくことが多いようです。
大人になって始めるより、有利な場合が多いです。
うらかわ歯科では、虫歯の治療や定期検診の際に必ず歯並びも診断して、アドバイスしています。


一期矯正.jpg

このページのトップへ